2007年 11月 12日 ( 6 )

 

子安の里ウォーキング⑥

いよいよここからが今回のウォーキングのハイライト
七曲の山越えです。
c0008598_916448.jpg

工事現場のような柵に囲まれた道を山に入っていきます。
ちょっとわかりづらいので注意
c0008598_9165690.jpg

かつての子安の里への主要道だった山道も今では通る人も少なく、倒木や藪に埋もれたところもあり安易に近づくことは避けたほうがいいでしょう。
c0008598_9204390.jpg

眼下に海に面した秋谷の家々が見えてきました。
海沿いは近年マンション建設ラッシュで大きく景観が変わってしまいました。
ここの谷も出口に蓋をさせた形で海が視界から切り取られてしまったようです。
c0008598_9232738.jpg

舗装された道に出て住宅街を進むと程なく
c0008598_924790.jpg

国道134号にでました。
スタート地点の立石公園まではここから5分ほどです。

子安の山越え道
[PR]

by takayuki7007 | 2007-11-12 23:27 | ウォーキング  

子安の里ウォーキング⑤

c0008598_16104627.jpg

何の煙だろうか?
c0008598_161189.jpg

どうやら炭焼きのようです。
これだけ海に近く、また湘南国際村という近代的な住宅街が近い中でこのような山村の営みが行われていることに驚き、非常に興味が沸いた。
c0008598_1617140.jpg

炭火小屋の横にさらに引き付けられる物を発見!
地場産の枝豆「たのくろ」 いろいろ薀蓄が並べられており思わず購入してしまった。
この「たのくろ」の詳細については後日書きたいと思います。
c0008598_16193636.jpg

大楠山方面を眺望する、三浦半島にもまだ麩人がすまない場所があるのです。
c0008598_1624124.jpg

この道の奥がいよいよ難所のスタート・・・・・

七曲入り口

次回に続く
[PR]

by takayuki7007 | 2007-11-12 22:32 | ウォーキング  

子安の里ウォーキング④

c0008598_1031345.jpg

里の道端には、なにげなく花が咲いている
c0008598_1035619.jpg

木に囲まれひっそり建っている山寺もいい感じ
c0008598_1044939.jpg

秋の味覚・・・これは渋柿か?

次回に続く
[PR]

by takayuki7007 | 2007-11-12 21:05 | ウォーキング  

子安の里ウォーキング③

c0008598_9571176.jpg

地元の農作物を売っている自由市場を過ぎると(週末にはおはぎや大福なんかも売っている)
いよいよ子安の里の核心部に入ってゆく
c0008598_959106.jpg

舗装はされているが雰囲気の良い「村の路」
c0008598_9595484.jpg

見下ろせば盆地状の里が一望
c0008598_1012072.jpg

みかんも生っていました、まだまだ酸っぱそう~
c0008598_1021221.jpg

盆地を取り囲む尾根を周り込むとはじめて見る谷の風景に出会った、自分の知らない場所に突然出たので少し興奮を覚える。やはり歩いてみないと見えてこないものはあるんですね。

次回に続く
[PR]

by takayuki7007 | 2007-11-12 20:05 | ウォーキング  

子安の里ウォーキング②

c0008598_8401893.jpg

ここからは川伝いに徐々に高度を上げる
c0008598_841352.jpg

海から1キロも離れていないのにすでに深山幽谷の風情
かなり深い谷が刻まれている
c0008598_8415127.jpg

谷の下にはこれも山の清冽な流れ思われる川面が見えた。
c0008598_8432118.jpg

前に湧き水で有名な関根不動が見えてきた。
この日も水を汲む人が並んで順番を待っていた。
c0008598_8442543.jpg

ようやく谷を抜けると明るい斜面地に出る、左からトンネルを抜けた車道がせまり、一気に現代に引き戻された感がする。

次回続く
[PR]

by takayuki7007 | 2007-11-12 19:46 | ウォーキング  

子安の里ウォーキング①

c0008598_8215756.jpg

ちょっと天気が今ひとつですが、秋の子安の里巡りに出発したいと思います。
スタートは立石公園
立石公園
c0008598_8245181.jpg

松と椰子の木が同居する不思議な景色!?
c0008598_8253813.jpg

浮世絵のような磯、ここには昔、茶室が設けられていたそうで、それはそれは風情があったことでしょう。
c0008598_8313347.jpg

海沿いの道より山への道へと入る、この酒屋さんが目印
酒屋 源さん
c0008598_833271.jpg

川を渡り、陶器の工房を右へ折れるといよいよ川沿いの山道へと進む

次回に続く
[PR]

by takayuki7007 | 2007-11-12 16:38 | ウォーキング