2007年 09月 13日 ( 4 )

 

浦賀懐かしウォーク①

浦賀といえば、幕末・開国という印象があるんですが、歩いてみると私にはむしろ昭和の香りが強く感じられるのです。
c0008598_923153.jpg

京急浦賀駅 実はここが京急本線の終点(久里浜、三崎口方面は支線の久里浜線)
確かに開業初期にはこちらが名実ともにメインルートだったのです。
造船所に阻まれわかりづらいですが海まではほんの僅かなのです。

京急浦賀駅

c0008598_927199.jpg

旧造船所の壁面には地元の子供達が描いた浦賀の絵がかけられています。

c0008598_9341175.jpg

水道トンネルの跡 ちょっとわかりづらい場所にあり(駐車場の奥です)

c0008598_9392949.jpg

浦賀ドック 今は人の気配も少なくちょっと寂しい感じ 数年前まで数多く接岸していた船も今はありません。

c0008598_9411841.jpg

c0008598_9413352.jpg

浦賀には神社仏閣が数多く存在しています。何処も綺麗に手入れをされていて気持ちよく、住民の皆さんの憩いの場ともなっているようです。

c0008598_9442440.jpg

立派な蘇鉄が目印のお稲荷さん、社殿にはこれまた立派な彫刻が施されています。
東輝稲荷

c0008598_9464532.jpg

c0008598_946589.jpg

住宅街の中にも昔の商家造り家や、現役の井戸があり風情ある景色がひろがります。

次回に続く
[PR]

by takayuki7007 | 2007-09-13 23:48 | ウォーキング  

浦賀懐かしウォーク②

c0008598_7404847.jpg

あの吉田松陰先生も泊まったという徳田屋の跡
ここではどんなドラマが幕末に展開されたのだろうか?想像するだけでワクワクします。
c0008598_7433756.jpg

レトロな門柱がそそります。
c0008598_744326.jpg

浦賀にある寺社は本当に手入れが行き届いていますね。
c0008598_745383.jpg

東叶神社
c0008598_7461679.jpg

鳥居の前はすぐに海
c0008598_7465163.jpg

海を一望できる山の上への階段 かなり急です。 吉田松陰や竜馬もこの階段を登り大海原に思いを馳せたのだろう・・・
東叶神社

次回に続く
[PR]

by takayuki7007 | 2007-09-13 22:51 | ウォーキング  

浦賀懐かしウォーク③

c0008598_13542298.jpg

渡し舟に乗って対岸に行ってみよう
c0008598_1355456.jpg

c0008598_13571741.jpg

渡し舟は自転車も乗れる本格的なもの、観光だけでなく地元の足を担っています。
c0008598_1356779.jpg

河のような浦賀湾 細いながらも街を二分し対岸への交通はこの渡し舟のみ
c0008598_13573664.jpg

東の方角には東京湾、房総の鋸山も望めます。
c0008598_13583349.jpg

関東大震災の慰霊碑が建つ西岸の船着場
浦賀の渡し

次回に続く
[PR]

by takayuki7007 | 2007-09-13 20:01 | ウォーキング  

浦賀懐かしウォーク④

c0008598_19153833.jpg

西叶神社 こちらの鳥居は海より少し奥まったところにある
c0008598_19163856.jpg

c0008598_19164811.jpg

c0008598_1917094.jpg

昭和の香りが充満している街並み
これらがみな現役なのが嬉しい
c0008598_19174240.jpg

浦賀繁栄の象徴 ガントリークレーンも今は半解体 
腕のないクレーンが物悲しい
ドックに活気が戻ることはもうないが、街が観光でまた脚光を浴びることがあればと良いと思う。
[PR]

by takayuki7007 | 2007-09-13 19:21 | ウォーキング