南三浦のうまいもの 葉隠の洋食

c0008598_16324337.jpg
三崎の住宅街にひっそり光を放つ看板、その先をみると民家に明かりが、ここが店なのか?洋食 葉隠をはじめて訪れた人は皆抱く感想だろう。まんま民家の玄関を入り靴を脱いで店の中へと進む(完全に人の家にお邪魔したかたち)、店(家)のキッチンは完全に業務仕様に改造されているが、テーブルのある部屋はやはり家、その中でも古いジュークボックスとオープンリールのテープレコーダーが目を引いた。
c0008598_16404423.jpg










注文したのはポークチーズ焼きとバーベキューチキン、野菜までしっかり調理された完全の手作り、味は派手さはないが素朴でやさしさに溢れていた。昔ながらの洋食の味とはこうゆうものだろうか・・・しみじみと感慨に浸れる料理でした。
帰りがけ店に飾られていた昔の店の外観写真、以前は横須賀の池上に店があったとのこと、今から30年も前に撮られた写真をみて、あらためてここの洋食の味に納得した。
c0008598_16405776.jpg

場所は三崎街道 油壺入口交差点手前 月曜定休 17:00開店
洋食 葉隠
[PR]

by takayuki7007 | 2005-02-21 16:50 | おいしいもの  

<< 南三浦のうまいもの 田島家のみ... 番外編 クアアイナ(鎌倉)のハ... >>