タイムスリップ!  五龍

五龍とかいてウールン
衣笠商店街の横丁にあるタイムホール!?
c0008598_19565878.jpg

扉をあけ薄暗い(←というかかなり暗い)カウンターに陣取ると一気にそこは70年代(←か、それ以前)この店の歴史とともに堆積してきた油がべっとりとした付着した店内はなぜか懐かしさと安堵感をあたえる不思議空間!ご主人のトークもやはりリアルな歴史を感じさせる。
注文したのはご主人オススメの湯麺(タンメン)&炒麺(チャーメン)
c0008598_2023518.jpg

c0008598_2024670.jpg

切り株のようなまな板や年季の入った包丁、そして極めつけは一体いつからここに存在するのだろう?ごま油の瓶(カウンター上に載っているので必ず目に付きます)
これらを駆使して、まるで流れるように(そう、太極拳のように)調理されたタンメン&チャーメンは見た目からは想像できないほどの奥の深い味が・・・・
メニューも大陸料理を掲げているのに恥じない陣容、
c0008598_2012987.jpg

特に一番上のもの、コレ俗に言う餃子だそうです。(漢字の読み方は教えてもらったのだが忘れてしまいました・・・・)
食べ終わり再び扉をくぐるとそこは現代の日常が・・・・あの20平米ほどの店内は時空の歪に落ち込んだ異空間なのではないでしょうか?
五龍
[PR]

by takayuki7007 | 2007-04-18 20:12 | おいしいもの  

<< 衝撃の大盛り まるい食堂 なごり桜ウォーキング 衣笠公園① >>